• トップページ
  • 新着情報
  • アトリエ・コ・ラボStyle
  • 家づくりの流れ
  • 施工ギャラリー
  • 完成後のライフスタイル

プランナーブログ


インフルエンザ対策 ②加湿器について
2018年1月16日

昨日に引き続き 冬のインフルエンザ対策②

住宅に関わる面からお話をさせて頂きます

 

冬は住宅の室温を上げないといけませんが

温度を上げるという事は 相対湿度を下げる要因にもなりますので

加湿器を用いないと難しいです

という事で今日は加湿器について調べましたのでお話をさせて頂きます

 

加湿器にも種類が色々あります

①スチーム式

水を熱で温めて蒸気を噴出するものです

メリットは室温も上がるので暖房が入らなくなる場合もあります。

手入れも少ない。

デメリットは消費電力が高いので電気代が高くなる事です。

(1日8時間運転で1ケ月1000円程度)

また、音がうるさかったり、火傷の危険があるようです。

 

②気化式

フィルターに含んだ水分をファンで気化させて加湿するものです。

メリットは、火傷の心配がなく電気代もあまりかからないようです。

(1日8時間運転で1ケ月100円程度)

デメリットは、熱を出さないので少し寒く室温が下がる場合がある。

1ケ月に1回は手入れを行わないといけない。

 

③超音波式

水を超音波によって振動させて微粒子に変えそれをファンで空気中に噴出するものです。

メリットは、小さいので置き場所に困らなく、運連も静かでデザイン性が高いものが多い。

電気代も安く、1ケ月に100円程度。

デメリットは、水を入れっぱなしにするので頻繁に掃除しないと

カビや菌をまき散らす事になるかも。(1週間に1回程度)

④ハイブリッド式

スチームファンの加湿器と温風気化式の機能を合わせたような加湿器で高性能です。

メリットは加湿スピードが速く、安全性が高い。

デメリットは本体価格が高い、電気代はスチーム式よりはかからないが、

気化式や超音波式の数倍かかる場合がある。

 

 

以上 我が家では寝室はずっと加湿器を使っていますが

LDKは使っていません。

極力洗濯物はLDKに室内干しにしたり お風呂のドアを開けて

洗面所を通して湿気が 家に回るようにしたりしていますが

日によっては湿度が35%程度になっている場合がありますので

先日加湿器を買いに行ってきました

何を買ってどうなったかはまた後日報告させて頂きます!

 


コラボビッチ at 07:33 AM

コメント