Calendar
2017/08

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について

ブログ

  • Home
  • スタッフブログ(宮部 友希)

2017年6月21日

先日、毎月恒例となっている社内勉強会を行いました。

パッシブデザイン協議会の野池先生にお越し頂き、かれこれ3年くらい勉強を続けています。

 

今回は夏の日射熱取得量について勉強しました。

「日射熱取得量」とは?

外部から、その建物の中に入ってくる熱量の事を言います。

単位はWで表され、H28年省エネ基準では日射熱取得量率(ηAC)で表されます。

 

勉強会の中で、現在計画中の私の自邸を例に、計算をしてみました。

宮部邸のηACは0.8、外皮面積(壁、屋根、窓)の合計が294.54㎡です。

この条件の時の壁・屋根・窓の3ヶ所からの日射熱取得量は2.36W/(W/㎡)、

名古屋の最大水平面日射量は3.4MJ/㎡(単位をWに揃えると944.4W/㎡)です。

 

以上から、2.36W/(W/㎡)×944.4W/㎡≒2229Wとなります。

つまり宮部邸は、夏の1番日差しの強い日、

1000Wの電気ストーブ2台が付けられているような状態になります。

これだけで終わると、なんか暑そうだなと思われるかもしれませんので、

エアコンのサイズで検討して見ます。

 

エアコンの性能効率を表す数値の1つに、COPというものがあります。

COPは数字が高いほど効率が良いという事になります。

仮にCOP3(一般的なエアコン)で計算すると、

室温を維持させるだけなら、

なんと家全体を6帖用のエアコン1台で賄えるという計算結果になります。

すごくないですか?

 

ちなみに宮部邸は木造2階建ての3LDK+畳コーナーで、

延床面積28.5坪とコンパクトに抑えているので小さい家ですが、

それでも57帖の空間を、6帖用のエアコンで賄えてしまいます。

 

特別超高断熱にしていたり、遮熱シートなどを使っている訳でもありません。

何だったら外壁は黒にするつもりなので、白よりは熱も入りやすくなります。

(当然外壁の色も計算に加味しています。)

設計の考え方と、日射遮蔽手法を駆使して計画しているだけです。

日射遮蔽には少々お金を使いますが、断熱性を向上させる事を考えると

かなりお値打ちにできます。

 

こんな計算やシミュレーションを3年近くつづけています。

 

来年は宮部邸を題材に、パッシブデザインコンペの賞を狙います!

パッシブデザインって、面白い!!


miyabe at 08:59 AM

コメント

2017年6月18日

今回初めて犬山市で「後悔しない賢い家造り勉強会」を開催しました。

毎月近隣市町村を順繰りしながら勉強会を開催し、犬山市で5か所目となりました。

 

安井建設にとって犬山市はある意味縁起の良い場所で、

昨年、初めて着工棟数1位となった都市です。

その勢いは今も衰えていません。

 

今回の勉強会でも、参加された皆さんが真剣に耳を傾け、

展示物や私たちとの雑談からも何かヒントを得ようという姿勢が感じられ、

開催している私たちも嬉しくなるくらいでした。

 

7月は江南市で開催します。

家を建てたいと思うきっかけは人それぞれですが、

なぜ家を建てたいかという理由の中には、皆さん共通して「笑顔で幸せな家庭」を

新居で作りたい。という想いがあるはずです。

家造りをしたいけど、何から始めて良いのか分からない、

いろんな所を見過ぎて、何を基準にしたらいいのか分からなくなってしまった。

そんな方にお勧めの勉強会です。

是非ご参加ください。きっと良いヒントが得られ、

家造りを1歩前進させることが出来ますよ!!

 


miyabe at 18:51 PM

コメント

2017年6月11日

5月よりリフォームを行ってきたアトリエコラボのモデルハウス。

昨日よりリニューアルオープンしました!!

 

リニューアル前は、4年程まえにハウスメーカーを中心に流行した

エネルギー自給自足の家でした。

ですが今や自然の力を上手く利用調節する事で、

快適かつ省エネで健康な住宅、

今後の日本の家造りのスタンダードになる事間違いなしの

パッシブデザイン住宅が主流になりつつある時に、

パッシブデザインではないモデルでは限界がありました。

 

今回のリフォームでは、まず2階のバルコニーだった一部を室内空間とし、

半分を書斎、半分をリビング上の吹抜けとしました。

こうする事で冬の暖かい太陽熱をたくさん室内に取り入れる事が出来、

暖房器具を使う時間を減らす事が出来ます。

 

更に普通の開き戸だった建具をランマ付の建具に変更する事で、

室内の風通し、空気の流れも良くなります。

 

その他にもまだまだ注目すべき点はありますが、

ここから先は実際に見に来て、体感して頂きたいので、

この辺りでやめときます。

 

コートハウスはいつでもご覧いただけますので、

是非ご予約の上、アトリエコラボのパッシブデザイン住宅をご覧ください。

 


miyabe at 08:42 AM

コメント

2017年6月3日

1日にお休みを頂き、我が家の住宅設備仕様を決めるべく、

タカラスタンダード、TOTO、LIXILのショールームを回ってきました。

普段はデスクワークが多く、ショールームへ行く事も少ないので、

久々のショールームはワクワクします。

 

アトリエコラボでは住宅設備を1つのメーカーに絞ることなく、

気に入った設備を採用して入れる事が出来ます。

なので私の自宅では、キッチンと洗面化粧台はタカラスタンダード、

浴室と1階トイレはTOTO、

2階トイレはLIXILと、3メーカーが混在しています。

 

他にもサッシはLIXILなのに玄関ドアはYKKだったりしています。

改めてこう書き並べてみると、自由度が高いなと自分でも思います。

ある意味これも自由設計の良い所ですね。

 

ショールームでは妻が中心に見て説明を聞き、私はある程度把握していることもあり、

子供の面倒を見ながら横から口を挟むスタンスで回ってきました。

どこのメーカーさんも、単純に製品が展示されているだけでなく、

いろんなシチュエーション空間の中にキッチンがあったり、

トイレがあったりして、非常にイメージが付きやすい作りになっています。

 

ショールームを見る前は「よく分からない」を連呼していた妻も、

今ではあれやりたい、これやりたいと注文を言う様になり、

コーディネートを楽しんでいる様です。

家づくりを行っている最中はやはり楽しくないと♪♪

 

そんな中、タカラスタンダードのキッズスペースで子供と遊んでいると背後から

「あれ?あれ??」

コーディネーターの磯崎さんでした。

 

この時まだ社内では公にしていなかったので、お互い驚き・・・。

 


miyabe at 08:18 AM

コメント

2017年5月21日

18日・19日と、大阪にあるひかり工務店さんのANB経営者会議に参加させて頂きました。

ひかり工務店さんはデザインに拘り、パッシブデザインにも取り組んでいらっしゃる工務店さんです。

大阪ではアクセス数もかなりの上位にあり、

アトリエコラボが成長する上で、いろんなアイディアや試みをされています。

 

そしてなんといってもスタッフ皆さんの熱意が半端じゃありませんでした。

正直、最近は悩み事が多く下を向く事もしばしばでしたが、

社長さんの想いは胸に突き刺さり、

営業担当さんの「へこんだ時は成長している時」という名言に感動し、

設計担当さんの家造りに対する火傷しそうなほどの情熱に圧倒されました。

 

今回参加させて頂いて、何故私はこの仕事を選んだのか、

家造りのどんな所が楽しいのか、

もう一度思い起こさせられた気がします。

 

「憂鬱でなければ仕事じゃない」と、

バラエティー番組でとある芸人さんは言っていましたが、

楽しい仕事だってありますよね♪♪♪

 


miyabe at 17:15 PM

コメント

2017年5月15日

昨晩は想像以上の大雨にひやりとしました。

地鎮祭の時は大雨の中の奉仕でしたが、

今回お天道様は上棟を許して下さったようです。

それどころか、

「雨降って地固まる」そんな雨だったのかもしれません。

dsc07527

曇りの中の上棟です。

dsc07537

dsc07541

普段から工事スタッフや職人さんは安全第一に頑張ってくれていますが、

更なる安全向上のため、足場も普段と異なり少々手間取った様ですが、

夕方には大枠もとらえられるまでになりました。

そして締めはご主人様によるメッセージ。

dsc07550

初めて見たメッセージ・・・

ユーモア溢れるメッセージでした。

H様、上棟おめでとうございます!!

dsc07560

ついでに夕日がきれいだったので。

 


miyabe at 21:00 PM

コメント

2017年5月8日

皆様はGWいかが過ごされましたか?

私は2日~6日までお休みを頂き、家族サービスに専念してきました。

まず初日にいちご狩りへ行ってきました。2日前の4月30日にYYクラブでオーナー様といちご狩りを楽しんだばかりでしたが、妻が行きたいと駄々をこねるので、全く同じ場所へ行き、たらふくいちごを食べてきました。しばらくはジャムパンすらいらない、そんな気分です。

その後名古屋へ移動し、今度は長男が夢中になっているトーマス展を見に、星が丘の三越へ。GWとはいえ平日なだけあって比較的空いていたのが救いでした。普段テレビでしか見れないトーマスに「トーマシュ!トーマシュ!」と大興奮の長男。デパートの催し物なので規模としてはすごく大きい訳ではありませんが、小さなトーマス列車に乗ったり、記念写真を撮ったり、トーマスのプラレールで遊んだり。汗だくの2時間滞在になりました。帰り際にはトーマスグッズを「買って!買って!」とぐずる長男、「買わないよ。お家にも同じような物あるじゃん」と抵抗する親の姿があった事は、皆様の想像する通りです(笑)。でも最後は親が負けて、クッキーだけ買って気をごまかしながら岐路に付きました。

3日からは家の掃除をしたり、近くの公園やイオンへ行ったりしましたが、どこへ行っても駐車場に時間を取られ、ヘトヘトな連休でした。

皆様はどんなGWを過ごされましたか?連休中でも仕事をして下さる方がいるから、私たちも楽しむことが出来ました。きっとこのブログを読んでくださっている方の中にも、GW中お仕事だった方もいらっしゃると思います。本当にありがとうございます。

 


miyabe at 19:16 PM

コメント

2017年4月28日

本日は第四金曜日、天気は快晴。

朝礼終了後、現場近隣一斉清掃の為、一宮市丹羽にて工事が始まったH様邸へ行ってきました。

現在は基礎工事中で、気持ちの良い気温の中、身体を動かして汗をかく職人さんの姿がありました。

 

私は基本デスクワークでパソコンに向かっている事が多いので、

汗を流して形にしてくれる職人さんには感謝感謝です。

 

こちらのお宅はゼロエネルギー住宅の補助金申請を受けて建てられるゼロエネ住宅です。

太陽光を乗せるだけでなく、建物の断熱性や気密性はもちろんの事、

通風計画や日射取得と遮蔽の両立、木造住宅でありながら、室内にコンクリートを設けて

室内温度の安定を図るなど、パッシブデザイン手法をふんだんに取り入れたお宅です。

img_3130

今はまだ基礎工事中なので、パッシブデザイン要素がどの様に形になるのか

分からない状態ですが、GW明け頃になれば、ちょっとづつ見えてくる部分もあります。

 

こちらのお宅は、5月27日・28日に構造見学会を予定しています。

完成してからでは見えない部分をご覧いただく為の見学会です。

パッシブデザインは、完成してからでは見えない部分にも拘らなければなりません。

その様な部分をご覧いただく良い機会なので、

興味のある方は是非ご覧いただければと思います。

 

ちなみに8月には完成見学会も予定しています。

建てている最中を見てから、閑静を見るとまた違った視点で

建物をご覧いただけますので、合わせてご参加ください。

 


miyabe at 18:04 PM

コメント

2017年4月23日

昨日の夜、1ヶ月ぶりにサッカーサークルを開催しました。

今回は、日頃からお世話になっている建材屋さん率いる、

平均年齢20歳くらいのチームが対戦相手です。

 

方やサークルメンバーの平均年齢は32歳くらい。

相手が若すぎて、左右に振られると付いて行けません。

つくづく体の衰えを感じさせられました。

それでも食らいつくどころか、相手を翻弄するような動きを見せるオーナー様もいらっしゃいます。

 

ただただすごいと感心して、自分の足は止まっている・・・。

もっと運動しようと思います。

 


miyabe at 17:46 PM

コメント

2017年4月11日

昨日、住宅に特化したファイナンシャルプランナーによる全国大会に参加する為、

東京へ行ってきました。

今回で3年連続の参加です。

 

ファイナンシャルプランと言うと、主に保険屋さんが行うイメージがあると思いますが、

我々が行うのは、そのお客様が本当にそのご予算で家造りを行って、

その後の生活が成り立つかどうか、

お客様にとって、どの様な住宅ローンの返済方法が適しているかなどを

アドバイスする為のものです。

保険屋さんが行うファイナンシャルプランは、

最終的に必要な保険や、その金額をはじき出す為のものなので、

目指すゴールが違います。

 

そんな住宅に特化したファイナンシャルプランナーを、

住宅FPアドバイザーと言い、私も1級を取得して、

日頃からお客様へご提案をさせて頂いています。

この1級、自慢ではないですが、今年の3月時点でまだ全国に22名しかいません。

(いや、やはり自慢ですかね)

私は昨年1級を取得しました。

 

家造りを進めるうえで、皆さん多かれ少なかれお金に関する不安を抱えていらっしゃいます。

それは当然だと思います。

ほとんどの方にとって初めてであり、最も高い買い物をする訳ですから。

 

だからこそ、この住宅FPというもが必要であり、

そんなご提案をさせて頂くからには責任も重大だなと改めて感じられる全国大会でした。

 

資金計画で不安を抱えている方、返済方法について学びたい方、

是非お声掛け下さい。


miyabe at 17:35 PM

コメント