Calendar
2018/06

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について

ブログ

  • Home
  • スタッフブログ(宮部 友希)

2018年6月21日

このブログを書いている6月21日 19:30現在、

まだ外は明るい。

 

そう、本日は夏至です。

春分の日と秋分の日は、日が出ている時間と出ていない時間が同じ日です。

そして、両方とも祝日です。

夏至はなぜ祝日じゃないんだ?というのは、

小学生の頃から思っていました。

そして、冬至の日にも同じことを思うんでしょうね。

 

前置きはこの位にして、本日はアトリエコラボスタッフで、

常滑市にあるLIXILの研究施設にお邪魔し、

サッシについて勉強をしてきました。

 

いろいろとサッシに関するこれまでの開発経緯や、

樹脂サッシとアルミ樹脂複合サッシの性能や構造、耐久性、デザインなど、

様々な視点からの違いについて説明を受け、

改めてサッシはアルミ樹脂複合サッシが良いなと洗脳されて帰ってきました。

 

洗脳と言うと語弊がありますが、客観的に見て、

今後お客様へご提案するにあたって、やっぱりアルミ樹脂複合サッシだなと思いました。

具体的な内容は・・・・・・。

知りたい方は是非アトリエコラボのスタッフに直接お尋ねください。

 

ちなみに、間違っても樹脂サッシを否定している訳ではありません。

サッシを選ぶうえで何を優先するのかで決めればよい事だと思います。

事実、サッシの枠だけで考えれば、樹脂サッシの方が断熱性能も良いですからね。

 

一般の方がサッシの種類を選ぶというのは、なかなか難しい判断だとも思います。

だからこそ、私達プロがしっかりと知識を得て、納得して、コストももちろん大切ですが、

これなら自信をもってお勧めできる!というものをご提供しております。

 

 

ちなみに冒頭の夏至ですが、

庇も遮蔽部材もない高さ2.4mのサッシだと、

日中、窓辺に約50cmの日だまりが出来てしまいます。

(冬至は約390cmまで入ります。)

この50cmの日だまりが、室内を厚くさせてしまう「熱源」になるので、

夏は日射遮蔽をしっかりと行い、エアコンの負荷を小さくしてあげると、

快適で、省エネで、光熱費も下げる事が出来ますよ♪

 

明日からは徐々に太陽高度も下がり始めます。

でも夏本番はこれからです。

この50cmの日だまりは、更に広がっていきますので、

どうなっていくのか、容易に想像できますよね!?

 


miyabe at 19:46 PM

コメント

2018年6月16日

現在岩倉市にて工事が進んでいるK様邸にて、

家造り体験を行いました。

 

普段職人さんがされている仕事の一部を体験し、

一生に一度の家造りをもっと楽しんで頂き、

思い出を増やして頂こうというこの企画。

 

今回は、壁のプラスターボード貼と、木材で椅子を作る内容。

 

まずは大工さんが道具の使い方を説明しつつ手本を見せます。

続いて、ご主人、奥様、お子さんの順で体験。

img_1122

楓汰くんはまだ3歳ですが、音にビックリすることなく、上手にビスを打っていきます。

自分の家の壁を作るって、なかなかできない体験です。

(私もやった事ないです。)

 

続いて、プラスターボードの重みをご主人様に体感して頂き、

これを1人で1日40枚くらい貼る事に驚いていらっしゃいました。

 

最後に木椅子づくり。

これはご主人様の腕の見せ所!

img_1130

奥様が声援を送るかたわら、楓汰くんは「帰ろ~」

一同「え~~~~~!!」

自分の体験が終わって飽きてしまった様子(^▽^;)

 

そこで、男3兄弟を育て上げている長谷川さんが廃材を持ち出し、

楓汰くん限定の木工教室がスタート。

img_1135

この横ではまだご主人様が大工さんのアドバイスを受けつつ、

懸命に椅子作りに励んでいます。

 

帰り際には長谷川さんにべったりで微笑ましい画になりました。

将来楓汰くんが建築の仕事を目指してくれたら嬉しいな♪

 

よい思い出になっていれば幸いです。

 


miyabe at 19:16 PM

コメント

2018年6月16日

本日6月16日は父の日。

イオンなどのショッピングモールにポスターがあったので知っているだけなんですが、

昨日、長男からこんなプレゼントをもらいました。

img_1105

「お父さん~いつもお仕事ありがとう~」の言葉と共に。

私が帰る前の20分くらい、言葉の練習をしていたそうです。

どんなプレゼントや誰からのねぎらいの言葉よりも、

我が子からの言葉が一番うれしいですね♪

 

親父は子供たちの為に頑張るよ~(#^.^#)

 

それにしても、このキッドを保育園の先生方は人数分造らなければならないんですよね。

大変な仕事だ・・・。

ありがとうございます。

 


miyabe at 19:05 PM

コメント

2018年6月15日

世界中の人が熱狂する1ヶ月間が始まりました♪

自宅のTVハードディスクには予約がいっぱいです。

日本代表戦のみならず、いろんなチームの試合が見られるのも、

このワールドカップの良い所。

 

今年からBSも見られるようにしたので、地上波で放送されない

試合も今から楽しみです。

 

だいたい深夜に試合が多いので、仕事に支障をきたさない程度に

サッカーを楽しみます!

 

プレーするのも楽しいですが、超人的なプレーを見るのも

滅茶苦茶楽しいです。

 

日本代表もガンバレー!!!

 

大本命はベターですが、やっぱブラジルかなぁ・・・

対抗にフランス

大穴にアルゼンチンを予想。

ダークホースにベルギーかな♪

 


miyabe at 19:39 PM

コメント

2018年6月12日

名古屋市西区にて進めてきた鉄筋コンクリート住宅が遂に完成し、

本日、社内検査へ行ってきました。

 

このお宅の工夫点を1つご紹介しようと思います。

玄関をあけると玄関土間が広がり、その正面にはシューズクローゼットが繋がります。

普通であれば、壁や建具で玄関土間とシューズクローゼットは仕切る事が多いのですが、

このお宅は目線より高いくらいの腰壁を設け、

石目のアクセントを施しています。

image1

レンガを使用した重厚感のある仕上がり♪

なかなかインパクトの強いアクセントだなと最初は思いました。

ですが近づいてみると、

image2

分かりますか?

写真では分かりづらいかも知れませんね。

 

これ、本物のレンガではなく、壁紙なんです。

実際壁から約2mくらいの位置から撮影した写真ですが、

肉眼で見ても、この距離からだと本物と見間違えるほど!!

 

実際にレンガを使えばかなりのコストがかかるだけでなく、

触った時にザラザラして擦ってしまうと「イタッッッ」となる事も考えられます。

 

壁紙であればコストを抑えつつ、見栄えよくする事が出来、

更に数年後張り替えればイメージを変える事も出来ます。

 

最近の壁紙はタイル調のものだけでなく、木目調だったり

和紙調だったりとバリエーションも豊富です。

 

上手く組み合わせてあげれば、好みのイメージを実現させやすい

建築材料と言えると思います。

 

現在コーディネート中の方、

どんな家に住みたいかを想像している方、

参考にしてみてはいかがでしょうか。

 


miyabe at 13:27 PM

コメント

2018年6月10日

先日、共にパッシブデザインについて学ぶ全国の仲間とともに、

師匠である野池先生をお招きし、パッシブデザインについて授業を受けました。

 

内容は基本的にこれまでの復習がメインでしたが、

物覚えの悪い私にとっては意味のある時間となりました。

 

この場を借りて1つ、復習をしたいと思います。

 

例題:次の条件の時、室温は何度に維持されるか?

Q値 1.9W/㎡K

床面積 100㎡

外気温 5℃

室内発生熱 3,500W

 

ちなみに、Q値は冬の断熱保温性能を示し、室内発生熱とは、生活熱や暖房熱などの合計を言います。

まず、室内発生熱を計算する公式があります。

室内発生熱 = Q値 × 床面積 × ( 室内温度 ― 外気温 )

 

今回は、室内温度を求める問題なので、この様な式になります。

 

3,500W = 1.9W/㎡K × 100㎡ × ( X ― 5℃ )

 

続けて計算していくと、X=23.42℃となります。

 

この例題の家は現在、23.42℃という事になります。

 

 

普段の生活や設計の中で、室内温度を求めなきゃいけないというシーンはまずないと思います。

ですが、室温を23.42℃に保つためには、どれくらいのエネルギーが必要なのかを求めるシーンは、

設計段階で必要になる事もあります。

 

必要なエネルギー量が分かれば、おのずと光熱費の計算もでき、

その家の燃費を量る事もできます。

 

家造りを検討する上で、住宅ローンの月々の支払額ばかりを気にしていませんか?

毎月嫌でも支払わざるを得ない光熱費。

家造りを検討する上で、これも重要なポイントだと思いますよ♪

 

 


miyabe at 19:00 PM

コメント

2018年6月8日

自分の家を持ったら1度はやってみたいと思っていた家庭菜園を始めました。

と言ってもプランターでですが。

 

家造りの計画中に小さくても畑を作る事も検討しましたが、

菜園については超ド素人の私達夫婦には雑草畑にしてしまうだけだろうと、

妻の猛反対で結局なしに。

でも野菜を買う事を考えれば、少しでも自宅で作って消費した方が安いのではと思い、

私が管理する約束でこの形を取りました。

 

まず土は何を買えばよいのかも分からない状態。

何せ中学の授業で習ったトマト栽培の記憶をたどりながらの作業。

ホームセンターのスタッフさんに一式何を買えばよいか教えてもらい、

自宅で植え替え。

img_1073

左からナス、ミニトマト、ズッキーニ(妻の希望で)

img_1074

パセリ(私の希望)

 

 

パセリ以外、まだまだ収穫には程遠い状態ですが、

毎日水をあげながら、その時が来るのを楽しみにしています。

 


miyabe at 18:57 PM

コメント

2018年5月14日

先日 5月12日(土) 大安 快晴

 

岩倉市にて建築中のK様邸の上棟が執り行われました。

天気は快晴!翌日が雨の予報だったので、予報がずれない事を願いつつ、

当日を迎えました。

img_0948

作業開始前には「働く車」が大好きなふうた君も、クレーン車に興味津々。

運転席にも座ってみました。

img_0958

私も子供の頃はおもちゃとか持っていたので、

見た目は緊張しながらも、喜んでくれているのはすごく感じました。

これが将来、家造りに係る仕事をしたい!と思ってくれたら嬉しいですね。

(エゴかもしれませんが…)

 

日差しが暑い一日ではありましたが、作業は順調に進み、その日のうちに無事完了。

最後に、この家に対する願いを柱にしたためて頂きました。

奥様のメッセージは

「この家にかかわる全ての方が幸せでありますように」

K様の人柄がにじみ出たメッセージ。私も嬉しく思うと同時に、

今後も全力でサポートさせて頂きますと、強く心に思える内容でした。

img_1004

こんな素敵なご家族の家造りに係れて、

私も幸せな気持ちでいます。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

最後にメッセージ付きのお心遣い。

こちらこそ、よろしくお願い致します(#^.^#)♪♪♪

 


miyabe at 11:40 AM

コメント

2018年5月12日

先日のGW中に、我が家で初めてのDIYを実施。

テーマは「夏の日射遮蔽を考える」です。

 

我が家には縦130cm×横50cm程度の天窓が2ヶ所についています。

天窓は、明るさを演出してくれるだけでなく、

冬は暖かい太陽の熱を多く取り入れる事が出来、

自然の力を利用して室内温度を上げる事が出来ます。

その反面、夏も多くの太陽熱を取り入れる事になってしまうというデメリットもあります。

普段お客様のお宅で天窓を採用頂く場合は、

ロールスクリーンを必ず設けて、そこで太陽熱が入らないように考慮していますが、

せっかくなら自分で何か作りたいと思い、我が家にはロールスクリーンを設けませんでした。

 

今回作ったのは、天窓用の「断熱パネル」です。

イメージ的には、お風呂の浴槽の蓋みたいな感じです。

浴槽の蓋を閉めておけば、冷めにくくなりますよね。

天窓に蓋をする事で、天窓から入ってくる熱を室内空間へ伝えにくくしよう!

という、単純な発想です。

 

準備したものは、スタイロフォームという断熱材、

補強金物、L型アングル、布、ガムテープ、両面テープ、これだけです。

布以外は全てホームセンターで購入できます。

 

まず、スタイロフォームを天窓のサイズに合わせてカットします。

このスタイロフォームは普通の発泡スチロールなどに比べれば硬めの材料ですが、

ずっと使っていると反りがでてしまうので、

両面テープとガムテープを駆使して、補強金物で補強します。

(手法は企業秘密という事で…興味のあるオーナー様には個別でお教えします!)

これだけで「断熱パネル」としては完成ですが、見た目が悪いので、

仕上げで布を張っていきます。

 

最後に、天窓の内側にL型アングルを設置し、そのアングルの上に断熱蓋を乗せれば完了!

img_0826

img_0827

結構いい感じに見えません?

私は無難に無地の布にしましたが、布はお好みの柄で良いと思います。

これを2ヶ所とも作成しました。

製作費は全部で約17,000円程度とお値打ちに出来ました。

サイズやパネルの枚数次第ではもっと安くできると思います。

初めての事だったので、途中クリアランスを取っていない事に気づき、

いざはめてみたらデカかったという事もありましたが、

何とか2日間で完成となりました。

 

 

あとは猛暑日を待つばかり。

表面温度や実際の室温を計測して、その効果がどれ程の物なのか、

分かり次第またご報告致します。

 


miyabe at 12:02 PM

コメント

2018年4月24日

遂に我が家にも、男の子の必須アイテムがやってきました。

img_0655

伊達政宗公降臨

私の実家には兜とかなかったので、

何だか私自身も嬉しくなりました。

 

最初はなくてもいいかなぁと思っていましたが、

やはり目にするとカッコいい!

でも当の子供は長男は怖がってあまり見ようとしません。

次男はまだ訳が分かっていないので、

あ~あ~言いながらガラスをベタベタするだけなので、

夫婦の寝室のカウンターに置いています。

 

ちなみに鯉のぼりもありますが、

こちらも長男が怖がりNG。

保育園へ行っている間に付けてやろうと思っています。

 


miyabe at 16:30 PM

コメント