Calendar
2017/12

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について

ブログ

2017年12月30日

昨日より1週間、年末年始のお休みを頂いております。

こう長いお休みだと、どこへ行こうか何しようか、ワクワクします。

が、毎年の事ですが全くのノープラン。

 

本日は朝一の思い付きで高山へドライブする事にし、9:30に自宅を出発するも、

途中サービスエリアで白川郷の写真を見たら、数年ぶりに白川郷へ行きたくなり、

行先を変更。

インスタ映えを目指します。

 

遠出はみっちり計画を立てるタイプの方からしたらモヤモヤするかもしれませんが、

そんな気ままな旅に付き合ってくれる妻で良かったなと改めて思います。

 

白川郷ICまではほとんど渋滞はなく、道中車道には雪もなく快適なドライブでした。

ただし、白川郷について駐車するまで約1時間の駐車場待ち渋滞。

自宅でなかなかテレビを見れないので、年末だという事を忘れていました(;´Д`)

 

駐車場に停めても観光はある意味試練・・・

駐車場から集落の間にある吊り橋はシャーベット状態のぐちゃぐちゃ、

外国人観光客を中心に狭いつり橋の上でインスタ映え写真の嵐でここでも大渋滞。

そんな中をベビーカー引いて渡るのは1時間の渋滞より辛かったです。

 

長男は雪で遊びたいばかりで建物の中には入れず、

飲食店も激混み、かろうじて食べ歩きが出来るくらい。

 

そんなこんなで、展望台へ着いた頃には疲労困憊。

img_4325

ただ景色はやはり絶品!!インスタ映え間違いなしです。

ですが、被写体(自分自身)が映えないので、

「インスタ映え」としては不合格レベルでした。

インスタ映えにはお金と労力がかかる事を知りました。

 

そんな年末を過ごしております。

皆様、良いお年を!

 


miyabe at 22:11 PM

コメント

2017年12月24日

今日はクリスマスイブですね。

「聖なる夜」何て言うのは我が家ではあまり縁のないお話しです。

何故ならまだ子供もサンタの存在を知らないからです。

でも来年からは保育園で学んで来る事でしょう。

子供に夢を見させてあげるのも親の務めだと思うので、

ある意味最後の「静なる夜」を満喫しようと思います。

 

そんな本日は、午前中にお1組、午後にお2組とお打合せ。

皆様楽しいクリスマスの時間を割いてお越し頂き有難い限りです。

 

「静なる夜」となる私を見越してか、

お打合せ前にわざわざケーキを用意して頂けたM様、

ありがとうございました!すごくおいしかったです。

img_4287

 

ケーキで甘いひと時を過ごしながらのお打合せというのも、

たまにはいいですね。

 


miyabe at 17:29 PM

コメント

2017年12月12日

昨日、アトリエコラボのパッシブデザイン師匠である

野池先生ご指導の元、2017年に習った事の総復習を行いました。

その中で私自身最も難しかった例題です。

%e4%be%8b%e9%a1%8c

この問題に約15分くらいの計算時間を頂きましたが、

私は参考書を見ながらで、一部計算ミスをしてしまいました。

野池先生も、「これが解けたら何かご褒美をあげよう」と言う位のレベル。

ですが、最年少の山本さんが見事正解!!

 

すげ~と思いつつ、後輩に先越されたことは悔しかったです。

 

という訳で、この場を借りて私自身の復習です。

 

まずこの問題は、冬、室温を20℃に保つ為には、どれだけのエネルギーが必要か?

という事が問われています。

①この家からどれだけの熱量(エネルギー)が逃げているのか?

この計算の公式は、Q値(冬の断熱保温性能)×床面積×(室内温度―外気温)です。

9:00をこの公式に当てはめると、1.9W/㎡K × 100㎡ × (20℃―3℃)

=3,230Wとなります。

W(ワット)は、J/s(ジュール/秒)と読み替える事が出来る為、3,230J/sとなります。

10:00も同じように計算します。

1.9W/㎡K × 100㎡ × (20℃―5℃)=2,850J/sとなります。

 

②この家ではどれだけの熱量(エネルギー)が生まれるのか?

これは室内に入ってくる太陽の熱と、生活熱の合計になります。

9:00は太陽熱の1,000Wと、生活熱500Wの合計1,500W、

10:00は太陽熱の1,500Wと、生活熱500Wの合計2,000W、

①と同じようにW(ワット)は、J/s(ジュール/秒)と読み替える事が出来る為、

それぞれ1500J/s、2,000J/sとなります。

 

③出ていく熱と入ってくる熱(エネルギー)の差を求める。

①と②の計算結果を、引き算するだけです。

9:00  3,230J/s ― 1,500J/s = 1,730J/s

10:00  2,850J/s ― 2,000J/s = 850J/s

 

④2時間分の熱量に換算する。

①~③までの計算結果は、あくまで1秒あたりの熱量にすぎません。

なので、それぞれに1時間×60分×60秒=3,600秒を掛け算します。

9:00  1,730J/s × 3,600秒 = 6,228,000J

10:00  850J/s × 3,600秒 = 3,060,000J

更に2時間分を問われているので、上記を合計し、単位をMJに直します。

6,228,000J + 3,060,000J = 9,288,000J

1MJ=1,000,000Jなので、

9,288,000J ÷ 1,000,000J = 9.288MJとなります。

 

 

やっと答えがでましたね。

ちなみに、これを電気ストーブで賄おうと思うと、

1kW=3.6MJなので、2.58kWとなります。

仮に電気代が1kWあたり25円だとすると、

64.5円で20℃を維持する事が出来る家、という事になります。

エアコンなら更に1/3以下の電気代になります。

(エアコンの性能次第で1/4、1/5にも成り得ます。)

 

この様に、エネルギーだけで言われても「?」かも知れませんが、

光熱費に換算すると分かりやすいですよね。

アトリエコラボのパッシブデザインは、理科的専門的な物を

身近な数値である、光熱費や室温に置き換えて、お客様にご提案しています。

その為には、こういった基礎知識が必要なんです。

 


miyabe at 09:37 AM

コメント

2017年12月9日

今日明日と、当社事務所のお向かいにて、木造パッシブデザイン住宅の構造見学会を開催中です。

断熱気密工事の秘密や、床下空間を利用したパッシブ冷暖房の配管など、ややマニアックな内容を大公開中です!

この機会に是非チェックしに来てください!!

寒空の下お待ちしております(*☻-☻*)


miyabe at 13:33 PM

コメント