Calendar
2018/06

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について

プランナーブログ

一番日の長い日
2018年6月21日

このブログを書いている6月21日 19:30現在、

まだ外は明るい。

 

そう、本日は夏至です。

春分の日と秋分の日は、日が出ている時間と出ていない時間が同じ日です。

そして、両方とも祝日です。

夏至はなぜ祝日じゃないんだ?というのは、

小学生の頃から思っていました。

そして、冬至の日にも同じことを思うんでしょうね。

 

前置きはこの位にして、本日はアトリエコラボスタッフで、

常滑市にあるLIXILの研究施設にお邪魔し、

サッシについて勉強をしてきました。

 

いろいろとサッシに関するこれまでの開発経緯や、

樹脂サッシとアルミ樹脂複合サッシの性能や構造、耐久性、デザインなど、

様々な視点からの違いについて説明を受け、

改めてサッシはアルミ樹脂複合サッシが良いなと洗脳されて帰ってきました。

 

洗脳と言うと語弊がありますが、客観的に見て、

今後お客様へご提案するにあたって、やっぱりアルミ樹脂複合サッシだなと思いました。

具体的な内容は・・・・・・。

知りたい方は是非アトリエコラボのスタッフに直接お尋ねください。

 

ちなみに、間違っても樹脂サッシを否定している訳ではありません。

サッシを選ぶうえで何を優先するのかで決めればよい事だと思います。

事実、サッシの枠だけで考えれば、樹脂サッシの方が断熱性能も良いですからね。

 

一般の方がサッシの種類を選ぶというのは、なかなか難しい判断だとも思います。

だからこそ、私達プロがしっかりと知識を得て、納得して、コストももちろん大切ですが、

これなら自信をもってお勧めできる!というものをご提供しております。

 

 

ちなみに冒頭の夏至ですが、

庇も遮蔽部材もない高さ2.4mのサッシだと、

日中、窓辺に約50cmの日だまりが出来てしまいます。

(冬至は約390cmまで入ります。)

この50cmの日だまりが、室内を厚くさせてしまう「熱源」になるので、

夏は日射遮蔽をしっかりと行い、エアコンの負荷を小さくしてあげると、

快適で、省エネで、光熱費も下げる事が出来ますよ♪

 

明日からは徐々に太陽高度も下がり始めます。

でも夏本番はこれからです。

この50cmの日だまりは、更に広がっていきますので、

どうなっていくのか、容易に想像できますよね!?

 


miyabe at 19:46 PM

コメント