Calendar
2018/06

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について

プランナーブログ


天窓の日射熱取得について
2018年6月29日

先日6月26日は、梅雨の合間の好天に恵まれ、外気温も各地で真夏日を記録しました。

ちょうど私はお休みを頂いていたので、

前々から気になっていた事を調べてみました。

 

天窓から入る太陽熱がどの程度のものなのか。

 

今年3月、まだコートが手放せない時期にもサーモカメラにて計測した事がありました。

その日も同じく好天の日で、40℃もの熱が天窓から入ってきていました。

なので冬は暖かい太陽熱を利用して室内を温める事が出来ますが、

3月でこの温度ですから、夏はもっと高いんだろうなと予想。

初夏の結果は・・・

flir0012

ビックリ!!66.3℃でした。

1日中卵を置いておいたら、半熟ゆで卵くらいできそうな温度です。

天窓に何も遮蔽部材を設けていないと、

どんなにエアコンを使って涼しくしても、これだけの太陽熱が入ってきていては

エアコンもおちおち休んでられません!!エネルギーを多く使ってしまいます。

 

 

これは対策しておいて良かった・・・

私の自宅では、天窓に断熱材の「蓋」をしています。

すると、66.3℃の熱はここまで下げる事が出来ました。

flir0011

半分!!とはいきませんでしたが、それでも34℃とNearly半分まで下げられています。

どんな感じで施しているのかは企業秘密という事で・・・

オーナー様や、現在家造り中の方にはコッソリお教えします。

 

何もしないと6月で66℃越えですから、1年で一番熱くなるお盆前後は何度になるんだろう。

もう一度測ってみようと思います。

どんな結果が出るのか、ある意味ワクワクしています♪♪

 


miyabe at 18:42 PM

コメント