Calendar
2018/07

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について

プランナーブログ

我が家の表面温度
2018年7月18日

猛暑が続いている日にタイミングよくお休みを頂いたので、

朝・昼・夕で、熱の侵入がどの様に変化するのか、サーモカメラで撮影してみました。

その中で私的に面白いなと思った部分を紹介します。

 

1階北側に位置する窓の表面温度です。

この窓は、約6度だけ北西側を向いていますが、ほぼ真北に近い方向です。

そして、室内側にハニカムサーモスクリーンを終日閉めっぱなしにし、

窓の外側では特に遮蔽などは行っていません。

ガラスは日射遮蔽型Low-E(遮熱性の高いガラス)を使用しています。

エアコンは25℃、微風の設定で使用しています。

 

まず、午前8:15

8-15

この時期は太陽高度が高いので、朝方だけ建物の隙間を縫う様に太陽光がちょびっとだけ当たります。

それでも外気温は33℃だったこともあり、表面温度は28.1℃という結果でした。

 

午後12:30

12-30

外気温は39℃。まるでサウナにいる様な暑さでした。

それでも表面温度は30℃と、直接日が当たっている訳でもないのに、

これだけの熱が入ってきています。

北側の住宅に反射した熱や、外気温も影響していると思います。

 

午後17:45

18-45

外気温は37.6℃と日中に比べれば下がってきましたが、

やはり夏の西日は強烈です。北西側に太陽が沈むこともあり、

また、我が家は西側に建物がないのでもろに影響を受けます。

若干日が当たっているだけですが、3回の測定で最も高い31.3℃でした。

 

 

以上から言えるのは、夏、北側の窓からも十分に熱は入ってきてしまうという事です。

「北側だから」と油断は大敵。

まだハニカムサーモスクリーンを使用していたのでこの程度で済んでいますが、

全く何もしていないともっと熱を入れてしまう事になります。

やはり東西北面は必要最小限の窓面積にするのが良いんだなと、改めて思いました。

 

実は、更に驚いたのが東西面。

また後日ご報告致します。

 


miyabe at 16:54 PM

コメント