Calendar
2018/12

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について

プランナーブログ

本日は冬至です。
2018年12月22日

本日12月22日は冬至です。

ご存知の通り、一年で最も昼の時間が短い日です。

逆に言えば、明日からは昼の時間がどんどん長くなるという事です。

 

ですが、一年を通して最も寒くなるのはもう少し先で、

名古屋周辺ですと、例年1月中旬頃が最も寒くなります。

日が出ている時間が今日より長いはずの1月中旬が最も寒くなるのはなぜだろう??

 

という事で、調べてみました。

 

簡単に言うと、冬至までの間に降り注いだ太陽の熱は、地面や海水などに蓄熱されています。

冬至は最も太陽熱が入らない日とも言い換えられますが、

冬至以降、徐々に地面や海水から熱が宇宙に奪われ、それまで蓄えられていた熱がどんどん奪われていきます。

でも冬至から2週間経過したタイミングでは、得られる太陽熱より逃げていく熱量の方が多いため、

冬至と最も寒い時期はズレが生じるんだそうです。

 

考えてみれば夏も同じですね。

夏至は6月ですが、最も暑いのは8月中旬頃。

 

また一つ、トリビアが得られました。

 

へぇ~へぇ~へぇ~

(古い・・・)

 

だからこそ、最も寒い時期にどれくらいの太陽熱が建物内へ取り入れる事が出来るのかをシミュレーションする必要があるんです。

(少々強引な締めくくりですみません。)

 


miyabe at 14:52 PM

コメント